本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

お知らせ詳細

2019/05/31New【トップ】更新情報

パンフレットの更新 (国保直診となるために)

パンフレットの情報を更新しました。
考えてみませんか?国民健康保険診療施設―国保直診となるために―

自治体と一体となり地域医療、地域住民の健康の維持・向上を目的とした保健活動等に積極的に取り組んでいる(取組みたい)自治体立の病院及び診療所の皆様へ
国保診療施設(略称「国保直診」)の仲間になりませんか?
国保直診は、自治体立の医療機関(医療サービス)としての役割だけでなく、国民健康保険の保険者としての市町村が「国民健康保険法第82条の保健事業を行う施設」として設置する医療施設(病院・診療所)です。
国保直診の活動は、行政と一体となり取組む「地域包括医療・ケア(住民に保健・医療・介護・福祉サービスを一体的に提供する仕組み)」により、地域住民の健康と福祉の向上、さらには、まちづくりにもつながっています。
また、国保直診には、地方交付税が交付されるほか、国保直診が行う地域包括医療・ケアの保健事業や活動拠点施設となる施設整備として、国(国民健康保険)から様々な助成があります。

一覧へ戻る

ページトップへ