本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事務局からのお知らせ&レポート

2017/05/19

事務局レポート

地域医療現地研究会開催されるin福井

5月19日から2日間にわたり、国診協三大事業のひとつである地域医療現地研究会が福井県(大会長 中村伸一:福井県国民健康保険診療施設研究協議会長)で開催されています。(参加者数:@220名)
≫≫≫ 第31回地域医療現地研究会
視察研修では、3つのグループに分かれ、高浜町国保和田診療所、おおい町国保名田庄診療所、若狭町国保上中診療所・三方診療所における地域包括医療・ケアの実践現場の視察をおこないしました。
それぞれの地域では、行政との連携による取組み(保健事業等)、地域特性に対応した地域医療の実践、施設整備状況等、地域の実情に対応した地域包括医療・ケアの展開を実際に見て聞いて感じることができました。
参加者多くは、地域性が違えども、活動における共通点や展開の工夫・方向性等多くの示唆をいただくことができました。
○開講式(会場:敦賀市のプラザ萬象)
開会あいさつ
全国国民健康保険診療施設協議会会長 押淵 徹
国民健康保険中央会理事長 原 勝則 氏
歓迎あいさつ
福井県敦賀市長 渕上隆信 様
福井県おおい町長 中塚 寛 様
来賓あいさつ
福井県知事 西川一誠 様(代理:桜本 宏健康福祉部長)
オリエンテーション
福井県国民健康保険診療施設研究協議会長 中村伸一 先生
視察研修
○高浜町国保和田診療所
○おおい町国保名田庄診療所
○若狭町国保上中診療所
○若狭町国保三方診療所
○地域医療交流会

ページトップへ