本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

東日本大震災 被災状況・支援

  • 2017/05/24

    事務局レポート

    第57回全国国保地域医療学会「演題登録」 期間延長!

    投稿者国診協管理者

    第57回全国国保地域医療学会における研究発表(口演発表・ポスター発表)の演題登録は、本日5月24日(水)正午までの受付締切としておりましたが、演題登録に関する問合せ・演題登録期間延長のご要望等を多くいただいております。
    短期間での対応となり恐縮ですが「5月26日(金)正午」まで演題登録期間を延長することとさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
    ≫≫≫ 演題登録 (第57回全国国保地域医療学会オフィシャルページ
    なお、現時点までで多数の演題登録をいただいております。お礼申し上げます。
  • 2017/05/20

    事務局レポート

    地域医療現地研究会・2日目!

    投稿者国診協管理者

    二日目は「ソーシャルキャピタルと地域医療」をテーマに全体討議が行われました。
    井階友貴先生(福井大学医学部地域医療プライマリケア講座/高浜町国保和田診療所医師)による基礎講演、福井県内の8施設での取り組みの発表、フロアーとの意見交換を行いました。
    座長
    越前町国民健康保険病院顧問 島田政則 先生
    発表者
    国民健康保険池田診療所医師 森 祐樹 先生/大野市和泉診療所長 山﨑高宏 先生/南越前町国民健康保険今庄診療所長 萩野正樹 先生/越前町国民健康保険織田病院長 津向信哉 先生/若狭町国民健康保険上中診療所長 岡本敏幸 先生/若狭町三方診療所長 岩田竹矢 先生/高浜町国民健康保険和田診療所長 細川知江子 先生/おおい町国民健康保険名田庄診療所長 中村伸一 先生
    助言者
    全国国民健康保険診療施設協議会副会長 金丸吉昌/講演に続き 井階友貴 先生

    研修会の運営は、福井県国民健康保険団体連合会、福井県国民健康保険診療施設研究会及び福井県内の国保診療施設のご支援により盛会に終えることができました。
    ----------
    来年度は、岡山県「備前市」での開催(平成30年5月18日・19日)になります。

  • 2017/05/19

    事務局レポート

    地域医療現地研究会開催されるin福井

    投稿者国診協管理者

    5月19日から2日間にわたり、国診協三大事業のひとつである地域医療現地研究会が福井県(大会長 中村伸一:福井県国民健康保険診療施設研究協議会長)で開催されています。(参加者数:@220名)
    ≫≫≫ 第31回地域医療現地研究会
    視察研修では、3つのグループに分かれ、高浜町国保和田診療所、おおい町国保名田庄診療所、若狭町国保上中診療所・三方診療所における地域包括医療・ケアの実践現場の視察をおこないしました。
    それぞれの地域では、行政との連携による取組み(保健事業等)、地域特性に対応した地域医療の実践、施設整備状況等、地域の実情に対応した地域包括医療・ケアの展開を実際に見て聞いて感じることができました。
    参加者多くは、地域性が違えども、活動における共通点や展開の工夫・方向性等多くの示唆をいただくことができました。
    ○開講式(会場:敦賀市のプラザ萬象)
    開会あいさつ
    全国国民健康保険診療施設協議会会長 押淵 徹
    国民健康保険中央会理事長 原 勝則 氏
    歓迎あいさつ
    福井県敦賀市長 渕上隆信 様
    福井県おおい町長 中塚 寛 様
    来賓あいさつ
    福井県知事 西川一誠 様(代理:桜本 宏健康福祉部長)
    オリエンテーション
    福井県国民健康保険診療施設研究協議会長 中村伸一 先生
    視察研修
    ○高浜町国保和田診療所
    ○おおい町国保名田庄診療所
    ○若狭町国保上中診療所
    ○若狭町国保三方診療所
    ○地域医療交流会
  • 2017/04/28

    事務局レポート

    赤い羽根福祉基金助成事業授与式(社会福祉法人中央共同募金会)

    投稿者国診協管理者

    本会では、平成29年度事業の一つとして、赤い羽根福祉基金の助成を受け「医療・介護を必要とする者が、安全に避難し、被災後も継続的に医療・介護を受けることができる体制を作るための事業」を実施いたします。
    本日、助成授与式が行わわれ、本事業の担当委員(三枝智宏:静岡県・浜松市国民健康保険佐久間病院長)が出席し、助成決定証の拝受及び助成団体を代表して謝辞を述べる機会をいただきました。
    他団体との連絡・協力体制も視野に、実りある事業となるよう進めていきます!

    ​ ※赤い羽根福祉基金は平成28年度に創設され、本年度が2年目とのことであります。
      ◆新規事業:10事業◆継続事業:18事業 国診協は新規事業での開始となります。
  • 2017/04/27

    事務局レポート

    「国保助成制度のあらまし(平成29年度版)」

    投稿者国診協本部

    国保診療施設に対する国保の助成対象事業、国保診療施設等が行う保健事業に対する助成などを「国保助成制度のあらまし(平成29年度版)」 として助成内容を整理して掲載した小冊子を作成いたしました。
    会員施設の皆様におかれましては、「会員専用ページ」よりご確認いただき、国保診療施設の施設整備・活動等(地域包括ケアシステムの推進)に積極的にご活用いただきますようお願いいたします。
  • 2017/04/25

    事務局レポート

    研修会のご紹介~東京都健康長寿医療センター口腔機能支援センターより

    投稿者国診協管理者

    ◆外部研修会のご紹介です。
     本会では、地域における栄養支援、口腔機能向上等に関する各種調査研究事業を行っております。
     調査研究事業 ≫≫≫ 主要調査研究事業
     今回、各種研究事業においてご協力、ご支援いただいております平野浩彦先生(東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科部長)より、今後の口腔機能維持・回復に向けた取組を推進するセンターの設立と、関連して研修会の開催の案内をいただきましたのでご紹介させていただきます。
     国保診療施設の関係者の皆様におかれましても、ぜひ、本研修会にご参加いただき、先進的な知見を地域に持ち帰り、さらなる地域包括ケアシステムの推進につなげていただきたくご案内させていただきます。

     (ご案内)
    この度、東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科と研究所部門が連携し、口腔機能支援センター(Tokyo Metropolitan Geriatric Oral Health Center : GOC(ゴック))を設立致しました。高齢者の方々の口腔環境はここ20年で大きく変化し、歯科医療の需要も変化を遂げました。つまり、う蝕、歯周疾患などの口腔疾患治療また義歯作成だけでなく、口腔機能(摂食嚥下機能など)の維持回復への支援を担うことを求められつつあります。こういったニーズに応えるために、GOCを設立しました。 
    今年度は地域の医療、介護職等の方々と連携を深める目的に、下記の要領で研修会の開催を予定しました。
    参加申し込みは以下にて受け付けております。お手数ですが参加登録をお願いいたします。先着100名となっております。参加費無料です!
    https://coubic.com/tmigoralfunctionsupport/331426
    ※研修会は全5回シリーズとなり、今回は第1回目の申込となります。
     
    ●第1回口腔機能支援センター研修会  >>> 研修会案内
    2017年5月21日(日曜日)13:00-16:00
    メインテーマ:高齢者の口腔と栄養
    1.教育講演「健康長寿:最近のエビデンス」
    東京都健康長寿医療センター 理事長井藤英喜
    2.基調講演「健康長寿を支える口腔機能支援」
    東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科部長 平野浩彦
    3.講演「健康長寿を支える栄養ケアと口腔機能~おいしく、楽しく食べるために~」
    東京都健康長寿医療センター研究所 研究員/管理栄養士 本川佳子

  • 2017/04/18

    事務局レポート

    平成29年度事業(助成事業)の活動開始!

    投稿者国診協管理者

    平成29年度事業(助成事業)の活動内容の概要を掲載しました。
    適宜、進捗状況を追加掲載していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

    ○多職種研修コーディネーター育成事業 ≫≫≫ 調査概要
    ○医療・介護を必要とする者が、安全に避難し、被災後も継続的に医療・介護を受けることができる体制を作るための事業  ≫≫≫ 調査概要
  • 2017/04/13

    事務局レポート

    平成29年度医師臨床研修指導講習会の参加者募集開始!

    投稿者国診協管理者

     平成29年度も全国自治体病院協議会との共催による医師臨床研修指導医講習会を開催します。
     本研修会は、平成15年度より平成28年度までに開催回数137回を重ね、修了者は5,914名にのぼり、全国で最も修了者の多い講習会となっております。
     平成29年度は7回(東京及び神戸)で開催いたしますので是非ご参加ください。 受講対象資格は、原則として臨床経験年数5年以上とし、若手医師への対象拡大を図っておりますとともに、女性医師の参加も増加傾向にあります。
     研修会の案内について ≫≫≫ 研修会案内
     ※会員専用ページにてご案内文書・申込用紙等を掲載しております。
  • 2017/04/11

    事務局レポート

    第57回全国国保地域医療学会における広告・展示・協賛の募集について

    投稿者国診協管理者

    第57回全国国保地域医療学会では、学会開催に対する御協賛金・抄録広告掲載・企業展示の募集を行っております。
    関係業種の企業の皆様には、ぜひ本学会開催趣旨にご賛同いただき、ご参加、ご支援をいただきますようご理解、ご協力の程お願いいたします。
    御協賛金・抄録広告掲載・企業展示募集 ≫≫≫ 趣意書
    ※ご質問等は、第57回全国国保地域医療学会運営事務局までご連絡ください。
  • 2017/04/10

    事務局レポート

    公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団における在宅医療助成公募

    投稿者国診協管理者

    本会は「日本在宅ケアアライアンス」(Japan Home Health Care Allaiance)に加盟しております。
    このほど、日本在宅ケアアライアンスの公益財団在宅医療助成勇美記念財団より「2017年度(前期)在宅医療助成公募のご案内」がありましたのでご案内させていただきます。
    地域包括医療・ケアを地域で実践していくうえで、体制構築、活動支援等に役立つ助成であります。
    ぜひ助成事業の活用に向けて検討いただけると幸いです。
    公益財団法人勇美記念財団
    2017年度(前期)在宅医療助成公募のご案内
    助成内容:「在宅医療研究への助成」、「市民の集い開催への助成」、「地元医師会、行政を交えた顔の見える多職種研修会への助成」、「成人の在宅医・訪問看護師に対する小児在宅医療講習への助成」等
  • 2017/04/07

    事務局レポート

    第57回全国国保地域医療学会(東京大会)の開催概要

    投稿者国診協管理者

    第57回全国国保地域医療学会は、東京都で開催されます。
    この程、開催概要が完成しました。 ≫≫≫ 開催概要
    現在、プログラムの詳細は一部検討中ですが、決まり次第ホームページで公開していきます。
    多くの皆様にご参加いただきますようお願いいたします。
    学会案内 ≫≫≫ 第57回全国国保地域医療学会
    参加申込・演題登録 ≫≫≫ オフィシャルホームページ
    今年度は、学会参加・演題登録ともに「オンラインでの申し込みのみ」となります

  • 2017/04/06

    事務局レポート

    地域医療第54巻第4号発刊!

    投稿者国診協本部

    機関誌「地域医療」第54巻第4号を発行しました。 ≫≫≫ 機関誌「地域医療」
    近日中には、会員の皆様等のお手元に届けられますので、ぜひご一読く願います。
    なお、最新号の一部の記事に限定されますが、会員及び購読者以外にも内容が見れるようにいたしました。
    ※発刊時毎に更新されますので、期間限定となります。
    ★ご一読いただき、ご関心、興味を持たれました方は、ぜひ定期購読をお願いします。
    ※購読に関しては、閲覧ページに申込方法等の記載がありますのでご覧ください。
  • 2017/04/05

    事務局レポート

    平成29年度調査研究等事業の実施②

    投稿者国診協管理者

    平成29年度の事業として、独立行政法人福祉医療機構の助成を受け下記の事業を実施することとしております。
    詳細が決まりましたら、順次、ホームページで掲載いたしますので、コーディネーター研修会への参加等についてよろしくお願いいたします。

    事業名「多職種研修コーディネーター育成事業」 ≫≫≫ 参考ページ「事業内容
    独立行政法人福祉医療機構 ≫≫≫ 社会福祉振興助成事業
  • 2017/04/03

    事務局レポート

    平成29年度調査研究等事業の実施①

    投稿者国診協管理者

    平成29年度の事業として、社会福祉法人中央共同募金会の助成を受け下記の事業を実施することとしております。
    事業の進捗状況、事業成果等は順次ホームページで公開していきますので、よろしくお願いいたします。

    事業名「医療・介護を必要とする者が、安全に避難し、被災後も継続的に医療・介護を受けることができる体制を作るための事業」 
    事業は、次の3地域をモデルに展開することとしております。
    ①「富山県・上市町(かみいち総合病院)」、②「岐阜県・郡上市(国保白鳥病院)」、③「静岡県・浜松市天竜区(浜松市国保佐久間病院)」
    社会福祉法人中央共同募金会 ≫≫≫ 赤い羽根福祉基金
  • 2017/03/31

    事務局レポート

    平成28年度調査研究事業成果を公開しました

    投稿者国診協管理者

    平成28年度に本会が実施した調査研究事業等の結果を公開しました。

    ◎厚生労働省老人保健健康増進等事業の補助を受け実施したもの(2事業)
    地域の実情に応じた在宅医療・介護連携を推進するための小規模自治体向け多職種研修プログラムに関する調査研究事業
    地域全体で認知症の方やその家族を支える仕組みの促進・充実に関する調査研究事業 

    2か年に渡って継続実施した「多職種研修に関する事業」は、平成29年度は「多職種研修コーディネーター育成事業」として研修会を積極的に開催していくこととしております。
  • 2017/03/29

    事務局レポート

    生きて逝くノート販売継続について

    投稿者国診協管理者

    多くの皆様にご活用いただき、頒布部数が25,000部を超えました。
    ご好評につき、増刷を行ない平成29年度も販売を継続することとしました。
    ぜひ、お手に取ってご活用いただけると幸いです。

    販売については、増刷分も現在の価格(1冊140円※送料別)と同じ、安価な価格設定で継続できることになりました。
    ※大量印刷ならではの価格です。コピーをするより大変お得な価格設定になっております。

    いきいきと生きて逝くために~自分の最期を考えること~



    お申し込みはこちら ≫≫≫ 販売広報ページ
  • 2017/03/15

    事務局レポート

    ホームページリニューアルのお知らせ

    投稿者国診協管理者

    国診協のホームページがリニューアルしました!
    コンパクトかつ目的別に見やすくなりました。
    さらに活用しやすく今後も改修を進めて参ります。
    何卒、よろしくお願いいたします。

ページトップへ